ソーシャル・サポートと保護者による子どもの被害防止情報入手:社会的・文化的資源の検討 Social Support and Parental Access to Information regarding Anti-crime Measures for Children:An Attempt at Analysis of Social and Cultural Resources

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では,小学生の日常生活と保護者のソーシャル・サポート,子どもの被害防止情報へのアクセスに関する社会調査のデータをもとに,保護者による子どもの被害防止情報の入手に関する関連要因を分析する.とりわけ,ソーシャル・サポートなどの社会的諸資源が不足する家庭や,文化的背景が低い家庭では,子どもの被害防止に関する情報を入手しづらいという問題点を抱えている可能性を検討する.構造方程式モデリングの手法を用いた検証結果から,被害防止情報入手の関連要因について,以下の可能性が示唆された.(1) 家庭の文化的背景は,保護者の被害防止情報の入手を直接的に規定するとともに,ソーシャル・サポートが文化的背景からの効果を部分的に媒介している.(2) ソーシャル・サポートは,共働き,戸建,持ち家からのそれぞれの効果を媒介する形で被害防止情報入手を規定している.(3) 間接被害(学校区での他の児童の被害に関する伝聞)の多さは,被害防止情報入手の多さを規定している.

The objective of the present study is to clarify the correlates of parental access to information regarding anti-crime measures for their children using data from a social survey on the everyday life of children and parental social support, and access to information regarding anti-crime measures. We hypothesize that low cultural background significantly predicts limited parental access to information regarding anti-crime measures. Structural equation modeling was applied to this dataset by the authors. The main results are as follows: 1) Parental access to information regarding anti-crime measures is directly affected by their cultural background, and social support moderates some of the effects of cultural background on access to anti-crime measures information. 2) Social support mediates some of the effects of working parents, single-family detached homes, and home ownership on access to anti-crime measures information. 3) Access to information regarding anti-crime measures is affected by indirect victimization.

収録刊行物

  • 犯罪社会学研究

    犯罪社会学研究 33(0), 178-197, 2008

    日本犯罪社会学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006967465
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00206207
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0386-460X
  • NDL 記事登録ID
    9718189
  • NDL 雑誌分類
    ZA31(政治・法律・行政--刑法・刑事政策)
  • NDL 請求記号
    Z2-611
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ