CSS記述における不吉な匂いの検出とリファクタリング  [in Japanese] Detecting Bad Smells and Refactoring of CSS Descriptions  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

ウェブサイトにおいてHTMLの各要素をどのように表示するかを指定する記述としてCSSが広く利用されているが,一般的なプログラミング言語と同様に,変更の繰返しが保守性の低下を招くおそれがある.本稿では,一つのルールセット内で宣言されているプロパティの種類や複数のルールセット間で宣言されているプロパティの類似性に着目して,CSS記述における不吉な匂い(役割の重すぎるルールセット,重複したルールセット)を検出する手法を提案する.また,検出された不吉な匂いに対する三つのリファクタリング手法を提案する.実際に,役割の重すぎるルールセットや重複したルールセットが多く含まれるサイトのCSS記述についてリファクタリングを実施した結果を報告する.

CSS is widely used as a style sheet language to attach style to HTML documents. As well as other programming languages, the repetition of the change would decrease the maintainability of the website design. I propose two methods to detect Bad Smells in CSS descriptions and three refactoring processes to refine these descriptions. These smells are "ruleset with too much role" that is a ruleset which has some properties of different sort and "duplicated ruleset" that is a pair of rulesets of which many properties have same value. I report the result of refactoring CSS descriptions in real site with these smells.

Journal

  • IEICE technical report

    IEICE technical report 108(173), 79-84, 2008-07-24

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  10

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006967585
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10013287
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL Article ID
    9605897
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top