定量的指標による特許の技術的範囲の変動リスク予測スキームの提案  [in Japanese] The Proposal of Fluctuation Risk Forecasting Scheme about Patent Technical Scope by Quantitative Element  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究では,特許の権利化過程における技術的範囲の変動量を支配する主な因子が,進歩性等欠如の拒絶理由に対する補正による構成要件の追加であるものと考え,更にこの補正による技術的範囲の変動量は,出願前に行った先行技術調査の度合いに応じた出願人の意思決定傾向(先行調査重点型,引例差別化型)に支配されるものと考えた。そして,この意思決定傾向が,実際に出願する際の特許明細書の定量的指標に依拠し,それにより技術的範囲の変動量を予測できるものと考えた。この技術的範囲の変動量について説明するための因果モデルを提案した。この因果モデルにおいて,目的変数を,特許発明の技術的範囲の変動量を規定するXCLD(予測改変格成分数)とし,説明変数を,クレーム数,総格成分数,サブクレームにおける総格成分数の増加割合,クレーム比率,クレーム化グループ比率とし,出願人の意思決定傾向を表示するためのパラメータとしてredocを提案し,実際の特許案件をサンプルとして,ロジスティック回帰分析モデルによる分析を行うことにより,上述した説明変数が,目的変数をそれぞれ有効に支配する点について検証することができた。さらに,本研究では,提案した因果モデルを利用したシミュレーション方法の提案を行ったところ,特にモンテカルロ法を利用したXCLD予測においてより有用性を見出すことができた。

The purpose of this study is to propose a fluctuation risk forecasting scheme about patent technical scope by quantitative element. In this study we proposed "redoc" as the parameter in decision making tendency. We analyzed patent specification by five indexes, the number of claims, the number of noun phrase, increasing rate of noun phrase, the rate of claim, the rate of group. It was found from the result that these five parameters are closely connected with XCLD (estimated changing amount of noun phrase) as objective variable. Furthermore in this paper we raised simulation method using the purposed Bayesian Network, It was found that the Monte Carlo method is more useful for forecasting XCLD.

Journal

  • The Journal of Science Policy and Research Management

    The Journal of Science Policy and Research Management 23(2), 150-162, 2008

    Japan Society for Research Policy and Innovation Management

References:  19

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006967674
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1030142X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0914-7020
  • NDL Article ID
    9694318
  • NDL Source Classification
    ZM1(科学技術--科学技術一般)
  • NDL Call No.
    Z14-1368
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top