吉野材木業史試論 A Study on History of Timber Business in Yoshino District

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

17世紀のはじめ,大坂市場に登場した吉野材は他と差別化された内実をもち,とりわけ小径木の洗丸太が著名な産物であった。18世紀になると,上方の酒を入れる樽丸生産が盛んになり,以後,杉檜丸太と樽丸に特化されていった。吉野材は主として吉野川・紀ノ川を利用して和歌山へ流送され,和坂の材木問屋を通して販売された。それを安全かつ円滑に進めるために,吉野川が開削され,材木の輸送方法や流通・販売機構が整備された。材木の伐出し・販売=材木業に携わったのが材木商人で,その組織が材木方(同業組合)であった。材木の伐出しから販売までの過程の成否が材木商人の命運を決した。材木商人は,奥郷(山元)の商人と口郷(中流域)の商人に大別される。奥郷の商人は,百姓身分の商人で,重立商人・中位商人・小前商人の3階層から成っていた。このうち中位商人が中核的な役割を演じた。しかし,奥郷材木商人の経営は不安定で,一部を除き資本蓄積をなし得なかった。

収録刊行物

  • 林業経済研究

    林業経済研究 47(2), 1-8, 2001

    林業経済学会

参考文献:  49件中 1-49件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006976790
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00330523
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0285-1598
  • NDL 記事登録ID
    5865808
  • NDL 雑誌分類
    ZR21(科学技術--農林水産--林産)
  • NDL 請求記号
    Z18-449
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ