基礎看護学実習の記録における看護専門職としての思考に注目した研究 : リフレクティブサイクルを用いて(保健福祉学部看護学科) Research on Thoughts of Nurse's from Basic Nursing Training Using Reflective Cycles

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では、リフレクションの概念に沿った記録用紙を採用し、学生の自己への振り返りがどのようになされているかについて明らかにした。その結果、<自己への気付き>として「状況の判断ができていない自分」や「相手の状況を考えずに発言してしまう自分」などがあり、看護専門職者としての価値観を形成する過程で重要であると考えられた。また、学生の実習における経験をリフレクティブジャーナルに記述することで、自己への振り返りが可能になり、それらがクリティカルシンキングのスキルであることから、リフレクティブジャーナルが記録用紙として効果的であることがわかった。

From our experiment, we have found how students look back upon themselves using records formed by the concept of reflection. As a result, many of them found themselves "unable to grasp the situation" or "speak without understanding the situation of others." We think this is an important process for students to build the perspectives of nurses. We also found that a reflective journal can be used as a record, and students were able to look back upon themselves from writing their experiences of training. Because that is a skill of critical thinking, reflective journals can be used as records.

収録刊行物

  • 西南女学院大学紀要

    西南女学院大学紀要 12, 47-54, 2008

    西南女学院大学

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006978780
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11156368
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13426354
  • NDL 記事登録ID
    9433419
  • NDL 雑誌分類
    ZE5(社会・労働--社会問題・社会保障) // ZS47(科学技術--医学--治療医学・看護学・漢方医学)
  • NDL 請求記号
    Z6-B971
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ