オーストラリアにおける日本人移民史 : 初期移民 柏木坦の事例をもとに Over fifty years in Australia : Personal history of Taira Kashiwagi

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿は、明治期に渡豪した初期移民、柏木坦の半世紀にわたる足跡を考察し、オーストラリアにおける日本人移民史の一端を明らかにすることを目的とする。オーストラリアにおける日本人移民は、北部のトレス海峡に位置する木曜島で真珠貝採取業に従事した自由・契約労働移民とクィーンズランド州のサトウキビ農園で契約労働に従事した人々に大別できる。移民のなかには、オーストラリアに定住し、実業家となったり、契約労働期間終了後に別の事業に従事した人々がいる。これらの人々は、連邦結成後、白豪主義が導入されたオーストラリアで、外国人登録をして生活していたが、第二次世界大戦開戦と同時に、「日本人」であることを理由に、「敵性外国人」として強制収容された経験を持つ。終戦後、ほとんどの「日本人」が本国送還されたが、木稿で取り上げる柏木坦は、オーストラリア人の妻とオーストラリア生まれの娘がいたことなどを理由に、残留を許可された少数の「日本人」のうちの一人である。和歌山県出身の柏木は、木曜島で日本人コミュニティーのリーダー的存在として活躍後、ブリスベンで実業家として成功した。オーストラリア連邦公文書館には、敵性外国人として強制収容された「日本人」の個人ファイルが保管されており、一部を除いて公開されている。木稿は、公文書館のファイルをもとに、オーストラリアにおける日本人移民史を個人の記録から読み解こうとするものである。

収録刊行物

  • 人間文化研究

    人間文化研究 9, 13-24, 2008-06

    名古屋市立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006979739
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11807171
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13480308
  • NDL 記事登録ID
    9575122
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z71-J591
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ