「卒塔婆小町」の世界-三島由紀夫『近代能楽集』研究(二)戯曲篇-  [in Japanese] Securing Social Information from Query Analysis in Outsourced Databases  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本稿では、三島由紀夫『近代能楽集』より戯曲「卒塔婆小町」を取り上げ、同時代及び、謡曲「卒塔婆小町」との比較から、三島由紀夫の作品世界を考察した。特に、原曲の百夜通いを遂げることのできなかった深草少将の無念が小町に憑依する場面について、これと戯曲における「老婆」の小町像を比較し、分析した。他に、三島の作中に登場する「百年」に注目したところ、夏目漱石の「夢十夜」とモチーフが重なったことから、これについても触れ、三島由紀夫が夏目漱石から受けた影響を検討した。その結果、「卒塔婆小町」には、謡曲との関連同様、漱石の作品とのつながりも見ることができたのである。

Journal

  • National Institute of Technology,Ishikawa College Bulletin

    National Institute of Technology,Ishikawa College Bulletin 51(0), 25-30, 2019

    National Institute of Technology,Ishikawa College

References:  9

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006980276
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10112482
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    0286-6110
  • NDL Article ID
    9668349
  • NDL Source Classification
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL Call No.
    Z14-1121
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE 
Page Top