初級教科書から見た日本語教育の変遷  [in Japanese] Inprovements in Elementary Japanese Language Textbooks for International Students  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

何をどう教えるかは, 言語教育の永遠のテーマである。本稿では, 戦後の日本語教育の流れを, 初級に的を絞って教授法の観点から見直し, その時代の代表的な教科書を通して教師が何を重視し, どのような指導を行ってきたかを分析した。伝統的校本語教授法の時代, オーディオリンガル・メソッドの時代, コミュニカティブ・アプローチの三つの時代に作成された初級の教科書を取り上げ, 日本語教育の移り変わりを概観する。また, コミュニカティブ・アプローチの時代に移る先駆的な役割を果たした『文化初級日本語』の作成経緯, 問題点を解消していく過程にも触れ, 今後の日本言語教育の在り方を模索する。

Journal

  • Journal of Bunka Women's University. The Humanities & social sciences The Humanities & social sciences

    Journal of Bunka Women's University. The Humanities & social sciences The Humanities & social sciences 10, 81-95, 2002-01

    Bunka Gakuen University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006982019
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10416283
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    09197796
  • NDL Article ID
    6239830
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL Call No.
    Z22-B12
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top