海洋生態系に対する地球温暖化の影響 The Effects of Anthropogenic Global Warming on the Marine Ecosystem

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

人間活動に伴う大気中の二酸化炭素濃度の上昇は,海洋に対して表層水温の上昇,海氷の減少,さらに酸性化といった様々な変化をもたらしている。そのような海洋環境の変化に伴って,海洋生態系も変化していることが近年の研究から明らかになってきた。北太平洋では水温上昇などを原因とした成層の強化に伴って表層への栄養塩供給量が減少することで,低次栄養段階の生物生産量が低下していることが広い範囲で示唆されている。北大西洋では水温上昇は多くの動植物プランクトンの季節変異を早めていると考えられている。しかし一次生産の主体を成す珪藻にはほとんど影響しないために,地球温暖化の進行に伴って将来,珪藻と捕食者との間でミスマッチが生じ水産資源にも悪影響を与えることが懸念されている。南極海では海氷の減少に伴ってアイスアルジーが減少することで,捕食者であるナンキョクオキアミ(Euphausia superba)の資源量が減少していると考えられている。さらに二酸化炭素濃度の上昇を原因とした海洋の酸性化は円石藻,翼足類およびサンゴ等の石灰質を持つ生物だけでなく,カイアシ類や魚類の再生産にも悪影響を与えることが明らかになっている。一方で地球温暖化は低気圧の発達を促すことで風を強め,幾つかの沿岸湧昇域の湧昇を強化し,栄養塩の供給量を増加させることで生物生産を高める可能性も指摘されている。以上の様に,幾つかの水域では近年の研究の進展によって海洋生態系変動のプロセスが明らかになってきた。しかしプロセスはおろか変動の実態についても明らかになっていない水域も多く存在する。海洋生態系に対する地球温暖化の影響を理解していくためには,これらの水域でも観測を展開し研究を進めていく必要がある。The increase in atmospheric carbon dioxide concentrations caused by anthropogenic activity is affecting the world's oceans by increasing the temperature, decreasing sea ice, and causing acidification. Recent studies have revealed that changes in oceanographic conditions affect marine ecosystems. It has been suggested that enhanced stratification, caused by the increases in the surface layer temperature, is decreasing the nutrient supply from the subsurface layer hindering the primary productivity over a large area of the North Pacific Ocean. It has also been reported that some plankton communities have advanced their seasonal pattern in accordance with the temperature increase in the surface layer of the North Sea. This phonological change may decrease fisheries' resources, inducing a mismatch between trophic levels since the seasonal variation of diatoms is not altered by increased temperature. It is thought that decreases in the extent of sea ice resulting from global warming will decrease the food resources of ice algae, and affect the productivity of Antarctic krill (Euphausia superba). Moreover, it is expected that an increase in the partial pressure of carbon dioxide in the ocean will increase acidification damaging calcareous organisms and affect the reproduction of fishes and copepods. However, in other cases global warming may increase biological productivity, by inducing thermal low-pressure regions and enhance the upwelling in some coastal upwelling systems. Recent research has revealed ecosystem changes caused by global warming in some waters, but the changes in many other regions remain a mystery. Observations of changes on a global scale will be needed to evaluate the influence of global warming on the marine ecosystem in future.

収録刊行物

  • 海の研究 = Umi no Kenkyu (Oceanography in Japan)

    海の研究 = Umi no Kenkyu (Oceanography in Japan) 17(6), 404-420, 2008-11-05

    日本海洋学会

参考文献:  118件中 1-100件 を表示

  • 1 / 2
  • 1 / 2

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006990708
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10382760
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    21863105
  • NDL 記事登録ID
    9712726
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山)
  • NDL 請求記号
    Z15-778
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ