イノベーションの普及と社会ネットワーク構造に関するエージェント・ベース・アプローチによる考察  [in Japanese] Diffusion of strategic innovation and social network structure: a discussion using agent based approach  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

経営戦略の一環としてイノベーションをどのように展開していくかについては,改めてその重要性が認識されている。その際に,イノベーション・マネジメントの側面だけではなく,イノベーションがどのように普及していくかについてそのメカニズムを理解しておくことも重要なことがらである。イノベーションの普及の際に大きな役割を果たしているのが社会ネットワーク構造であるが,社会ネットワーク構造に関する研究が,近年になって飛躍的に発展してきた。本稿ではイノベーションが普及する際のメカニズムと社会ネットワーク構造の関係を,マルチエージェント・シミュレーションという手法を用いてモデル化し,それによる考察を試みる。

Journal

  • Takushoku University, the researches in management and accounting

    Takushoku University, the researches in management and accounting (81), 27-63, 2007-12

    Takushoku University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006992891
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11984701
  • Text Lang
    JPN
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13490281
  • NDL Article ID
    9479084
  • NDL Source Classification
    ZD25(経済--企業・経営--経営管理)
  • NDL Call No.
    Z4-228
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top