ダートコーン(DIRT CONES)について Dirt cones with snow cores

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1968年夏,アイスランドを調査する機会を得,氷河に登頂した際一見常識では考えられない様な真黒い円錐が氷河上に数多く見られた。北海道においても春先,雪上に同様な形状が各所で見受けられるのに気付き,もしやアイスランドで見られたものと同様の現象では?と考え,その形成過程はいかなるものであるか等を調べるため,1971年4月当教養部構内で実験を行ない,後述の結果を得た。ここでは最初にアイスランドの概要をつけ加え,氷河上と雪上で見られる円錐についてその形成過程等を述べたい。

収録刊行物

  • 北海道駒澤大學研究紀要

    北海道駒澤大學研究紀要 6, A1-A10, 1971-11

    駒澤大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006993716
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00229643
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    02866978
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ