参加型・協働型のWebサイト構築による美術教育の可能性 : 造形教育Wiki(アートと教育への眼差し事典)の実践と展開 The Possibility of Art Education Through a Participative/Cooperative Style Web Site Construction : The Practice and Development of "Art Education Wiki"

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

Web社会に対して美術教育がどのような可能性を示すことができるのか,それは検討課題の一つでもある。本稿ではWikipediaとそのプロジェクトの試みを手がかりに,Wikiを利用して作成したWebサイト『造形教育Wiki』の内容の報告とともに,その利点や効果について考察を進めたものである。「造形教育Wiki』は,Wikipediaの特徴,さらにWikiシステムの利点を活かし,美術教育に関する情報の共有の場,情報の構築に関する共同作業の場,そしてコミュニケーションの場として活用することを目的に開設したものである。本稿では,この『造形教育Wiki』のサイト作成例の試みを通じて,Web上での一つの美術教育実践のモデルを明らかにしている。

This paper discusses the possibility for and content of "Art Education Wiki," an art education site opened on the Web. A type of web application, called Puki Wiki, was used to create "Art Education Wiki," that allows users to edit web pages while sharing knowledge with others online. The user-participative style encyclopedia, Wikipedia, was used as a reference for the construction of a glossary for "Art Education Wiki." The site is intended to be utilized by users (who are interested in art education) in various ways, such as the compilation of a glossary for art education, an introduction to papers and teaching materials, a place to present one's digital content, etc. It demonstrates one model of an art education implementation on the Web through the creation of a site that aims at a participative/cooperative style Web site construction and the introduction of art educational content.

収録刊行物

  • 美術教育学:美術科教育学会誌

    美術教育学:美術科教育学会誌 29(0), 409-417, 2008

    美術科教育学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006999368
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10180722
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0917-771X
  • NDL 記事登録ID
    9436032
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-3201
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ