ローコストでできるファインダビリティ向上(<特集>ファインダビリティ向上) Improvement of findability that depended on a low cost(<Special feature>Improving findability: Information access optimization)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 前田 朗 MAEDA Akira
    • 東京大学社会科学研究所図書チーム Institute of Social Science Library, the University of Tokyo

抄録

東京大学情報基盤センターが主催する「図書系職員のためのアプリケーション開発講習会」は,各受講生が企画・開発した図書館関連アプリケーションをWeb上で試行公開している。っまり,職員の学習の場に留まらず,新しい利用者向けサービスや業務効率化のツールを内製によりローコストで提供する場としても機能している。講習会成果のうち,情報のファインダビリティ向上を実現するサービスには「東大版LibX」「東京大学OPACウィジェット」「My UT Article Search」「東京大学OPAC Plus"言選Web"」などがある。大学図書館において,ローコストでも実現可能なファインダビリティ向上の機会は多く,取り組みの意義がある。

"Lecture of application software development for Librarian" is a lecture sponsored by Information Technology Center, The University of Tokyo. The participants develop application programs for library. And opens it to the public trial via Web. In a word, the lecture works as Incubator of new tools for library that depends on a low cost. The application programs include some tools for improvement of findability, "LibX for the University of Tokyo", "The University of Tokyo OPAC Widget", "My UT Article Search", "The University of Tokyo OPAC Plus Gensen-Web", and so on. There are many chances to improvement of findability that depended on a low cost for libraries.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 58(12), 615-620, 2008

    一般社団法人 情報科学技術協会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007005997
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    9719515
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ