児童の情報活用能力の育成支援に関する公共図書館Web版OPACの現状と問題点 The Present Status of Web-OPAC in Public Library Websites for Improving Information Literacy of Children and Its Problems

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

公共図書館では,すべての利用者が図書館や各種の情報源を適切に活用して自らの生涯学習に主体的に取り組めるように,利用者の情報活用能力の育成をはかることが求められている.とりわけ,公共図書館の児童サービスでは,子どもの読書支援,リテラシーの育成支援,および情報活用能力の育成支援など,生涯学習の基礎を固める上で重要な役割を担うことが期待されている.本研究では,都道府県立図書館および市区町村立図書館を含む日本の公共図書館のWebサイトにある児童のためのWeb版OPACについて,検索システムの機能,利用者への応答や説明など子どもの情報活用能力の育成支援にとって重要と考えられる項目について,実際の検索などを通じて,現状調査を実施した.さらに,これらの調査結果から,情報活用能力の育成支援における児童のための公共図書館Web版OPACの問題点について考察した.

収録刊行物

  • 教育情報

    教育情報 24(2), 15-25, 2008

    日本教育情報学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007008856
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10084172
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0912-6732
  • NDL 記事登録ID
    9746016
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-1876
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ