F.W.テイラーの「怠業・生産制限」論とアメリカ経営管理論生成期の労働問題(2) On the Theory of the Restriction of Output and Soldiering of F.W. Taylor and the Labor Problems of the Turn-of-Century in the U.S.A. (2)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

収録刊行物

  • 駒沢大学経済学論集

    駒沢大学経済学論集 24(3), 1-43, 1992-12

    駒澤大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007018727
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00093494
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    03899853
  • NDL 記事登録ID
    3513115
  • NDL 刊行物分類
    C65(企業・経営--経営管理)
  • NDL 雑誌分類
    ZD11(経済--経済学)
  • NDL 請求記号
    Z3-952
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ