遠隔講義を想定した立体映像教材の作成方法に関する検討  [in Japanese] A Discussion for Developing Stereoscopic Learning Materials Focusing on a Scene in Lectures  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究では,遠隔講義での利用を想定し,見やすい二眼式立体映像教材を作成するための方法について検討を行った.まず,提示装置の特性を明らかにするため,立体映像撮影装置のレンズの光軸交点までの距離と,オブジェクトの提示位置に着目し,立体感と見やすさに関する調査を行った.次に,講師がオブジェクトを提示する場面に着目し,立体映像教材を試作して立体感と見やすさの観点から主観的評価を行った.結果から,立体感が得られてかつ見やすい立体映像を作成するには,提示物と背景画像間の距離に配慮する必要があることが示唆された.

Journal

  • Japan Journal of Educational Technology

    Japan Journal of Educational Technology 32(Suppl.), 25-28, 2008

    Japan Society for Educational Technology

References:  7

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007023983
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11964147
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL Article ID
    9781782
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-904
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top