学生支援キャンパスSNSと学生の動向  [in Japanese] Application of Campus SNS for Supporting Students and Their Behavior  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 久米 健司 KUME Kenji
    • 徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部 Institute of Technology and Science, The University of Tokushima
    • 三好 康夫 MIYOSHI Yasuo
    • 徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部 Institute of Technology and Science, The University of Tokushima
    • 松本 純子 MATSUMOTO Junko
    • 徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部 Institute of Technology and Science, The University of Tokushima
    • 矢野 米雄 YANO Yoneo
    • 徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部 Institute of Technology and Science, The University of Tokushima

Abstract

近年,SNSは大学生間の新しいコミュニケーションの形として紹介されている.我々は,大学生活を支える新たな学生支援のツールとして2007年1月23日から徳島大学工学部を中心に「キャンパスSNS」の運用を開始した.本研究では,本SNSのログデータを抽出し,参加者の属性を明確に分類したうえで,大学版SNSの特性と学生の動向とを解析した.日記関連の機能に焦点を当てたところ,学生は不特定多数のユーザの最新日記を確認するより特定のユーザの日記を読む割合が高く,仲間同士の閉じたコミュニケーションで終始しまいがちであることが示唆された.明確な目標を掲げて運営側が構造化した形を提示することの必要性が推測された.

Journal

  • Japan Journal of Educational Technology

    Japan Journal of Educational Technology 32(Suppl.), 53-56, 2008

    Japan Society for Educational Technology

References:  8

Cited by:  4

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007023990
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11964147
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL Article ID
    9781904
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-904
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top