樹木指標による土壌CO_2フラックスの空間変動の推定 Estimation of Spatial Variation of Soil CO_2 Efflux from nee Index

この論文をさがす

著者

    • 橋本 徹 Hashimoto T.
    • (独)森林総合研究所立地環境研究領域養分動態研究室 Nutrient Dynamics Laboratory, Forestry and Forest Products Research Institute
    • 志知 幸治 Shichi K.
    • (独)森林総合研究所東北支所 Tohoku Research Center, Forestry and Forest Products Research Institute

抄録

土壌CO_2フラックスの空間変動パターンとその要因を明らかにするために,岩手県・安比高原のブナ二次林内に35m×35mの調査区を設置し,その中で49ヵ所にチャンバーを埋め,土壌CO_2フラックスを測定した。調査区域内には土壌CO_2フラックスの凹凸パターンがみられた(変動係数:15.8〜26.7)。立木位置・サイズで表される樹木地上部特性の指標でこれらの空間変動の約1割を説明できた。また,土壌CO_2フラックスの空間変動には土壌体積含水率と負の相関がみられた。一方,土壌体積含水率は樹木地上部特性の指標と負の相関があった。これらの結果は,森林内の土壌CO_2フラックス空間変動に立木のサイズ・分布で表される林分構造が土壌体積含水率を通して間接的に影響している可能性を示唆する。

To measure spatial variation in soil CO_2 efflux in a secondary beech forest in northern Japan, we took measurements five times over two years at 49 sampling points in a 35m×35m grid using a closed chamber method. There were relatively large variations in soil CO_2 efflux in space over the study area (CV=15.8〜26.7). A tree index using tree position and size explained about 10% of spatial variation in soil CO_2 efflux. The spatial variation in soil CO_2 efflux was negatively correlated with an index of volumetric soil water content. Volumetric soil water content was negatively correlated to the distance and size of trees around the chambers. This suggests that stand structure altered volumetric soil water content and indirectly affected soil CO_2 efflux.

収録刊行物

  • 日本森林学会誌

    日本森林学会誌 90(6), 386-390, 2008-12-01

    一般社団法人日本森林学会

参考文献:  25件中 1-25件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007024337
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12003078
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13498509
  • NDL 記事登録ID
    9783863
  • NDL 雑誌分類
    ZR21(科学技術--農林水産--林産)
  • NDL 請求記号
    Z18-340
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE 
ページトップへ