非母語子音クラスタ発話時のクラスタ中への母音挿入(学術情報センター) Vowel Epenthesis in Non-Native Consonant Clusters(Academic information center)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では日本語母語話者の子音クラスタ中への母音挿入について生成・知覚両面からの検討を行なった。アルファベット表記された英単語および無意味語のリストを読み上げる発話実験において日本語母語話者は、/t/、/d/の後には母音/o/を挿入し、それ以外の子音の後では/u/を挿入して発音する傾向があることを確認した。発話実験と同一の検査語を用いた復唱実験から、英語母語話者の発話を復唱した場合には、ほとんど母音挿入が生じず、生じた場合においても挿入母音長は発話実験時に比べて短いことが明らかになった。脳磁図を用いた脳機能計測において、子音クラスタ中の母音の有無を検出できるかどうか計測したところ、母音の有無によるミスマッチ反応が生じており母音の有無が検出されていた。以上の結果から、日本語母語話者における子音クラスタ中への母音挿入は、Dupouxらが言うような「幻の母音」を知覚して生じているのではなく、調音上の問題である可能性が示唆された。

Vowel epenthesis in non-native consonant clusters by native Japanese speakers was investigated in terms of both production and perception. In a reading experiment (subjects read English words and nonsense words) native Japanese speakers inserted the vowel /o/ after /t/ or /d/ in consonant clusters, and the vowel /u/ after other consonants. In a repetition experiment (subjects repeated utterances of a native English speaker) native Japanese speakers mostly did not insert vowels inside consonant clusters. In cases of vowel epenthesis, the lengths of most epenthetic vowels were shorter than those in the reading experiment. The magnetoencephalographic mismatch responses were elicited by epenthetic vowels, suggesting that the native Japanese speakers detected epenthetic vowels as real segments. From these results we infer that vowel epenthesis by native Japanese speakers does not arise from the perception of "illusory vowels" as Dupoux et al. insisted, but rather from the difficulty of articulating consonant clusters and/or Japanese phonological rules.

収録刊行物

  • 県立広島大学人間文化学部紀要

    県立広島大学人間文化学部紀要 3, 63-71, 2008

    県立広島大学

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007025300
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12116573
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13467816
  • NDL 記事登録ID
    9426206
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z71-R14
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ