入試広報としての学部名称を考える--高校生はどう捉えたか On the names of university departments as a tool for publicity: impression by high school students

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

大学のユニバーサル化に伴い,大学入学者選抜は受験者の「選抜」から志願者の「募集」へと大きく比重を移している.名称の工夫によるイメージ戦略もその一環と言えよう.本研究では「学部」を単位として高校生が大学に抱くイメージを調査した.対応分析によって19のイメージ語と81の実在の学部名の布置を2次元で描いたところ,総じて伝統的な名称の学部のイメージが良く,新奇な学部名称は総じて芳しく受け取られていない傾向が見られた.論文

According to the expansion of university, reality on university admission has been shifting from selection to recruiting. The names of departments are also suspected to get determined as a part of tools for bewitching freshman candidates. The present study investigated what impression high school students held in the names of university departments. Nineteen impression words and 81 department names in existence were mapped in the space of two dimensions with the Correspondence Analysis. As a whole, impressions of traditional department names were favorably impressed. On the other hand, the participants had a tendency to get bad impressions from novel/unfamiliar names.

収録刊行物

  • 教育情報学研究

    教育情報学研究 (4), 25-33, 2006-03

    東北大学大学院教育情報学研究部

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007027069
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1205718X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13481983
  • NDL 記事登録ID
    8899133
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z71-M396
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ