「原爆外交説」批判 : "神話"とタブーを超えて(一九四九-二〇〇九年) A Critique of "the Atomic-Diplomacy "Thesis : Beyond "Myths" and Taboos (1949-2009)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

論説(article)本稿は、原爆投下問題をめぐる、日本における歴史論争に一石を投じる論争的な論文である。いわゆる「対ソ原爆外交説」が、アメリカにおける著作の単なる引き写しでしかないことを具体的に示し、この問題に日本の研究者として、いかに取り組むべきかを示唆している。This essay is a controversial, even polemical, study intended to challenge the dominantview among Japanese historians and the media concerning the so-called "Atomic Diplomacy" thesis. It exposes that Japanese writings on the subject are merely copies of "revisionist" works in the United States and suggests directions in which Japanese historians should pursue their future studies.

収録刊行物

  • 同志社法學

    同志社法學 60(6), 2437-2517, 2009-01

    同志社大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007033732
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00165970
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    03877612
  • NDL 記事登録ID
    10163815
  • NDL 雑誌分類
    ZA11(政治・法律・行政--法律・法律学)
  • NDL 請求記号
    Z2-3
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ