Tirumara属内のフェロモン運搬粒子PTPsの微細構造の比較 Comparison of microstructure of pheromone transfer particles (PTPs) in the genus Tirumala (Lepidoptera, Nymphalidae, Danainae)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

コモンマダラ属Tirumalaの性標内にあるフェロモン運搬粒子PTPsは,雌に交尾相手を正確に認識させるものであり,フェロモンの化学成分とともにこのPTPsの形態にも種特異性が認められる可能性がある.そこで,走査型電子顕微鏡を用いて,Tirumala属7種のPTPsの形態を観察し比較した.その結果,T. gautama, choaspes, ishmoides, septentrionis, hamataのフェロモン運搬粒子(PTPs)は,形状に若干の違いはあるものの,どれもおおむね丸い形状をしている.一方,T. limnicaeとアフリカに分布するT. petiveranaのPTPsは,特有の多面体をしており,粒子の大きさは若干小さい.T. limniaceの特異なPTPsの形態は,フェロモンの種特異性などTirumala属の他の種との明確な性的隔離を反映している可能性が高いと考えられる.また,Tirumala属の中で熱帯アジア産T. limniaceとアフリカ産T. petiveranaのPTPsの形態が相互に類似することは,かつて両者が同種に扱われていたように両者は互いに極めて近縁の種であることを支持する証拠となる.

Pheromone transfer particles (PTPs) found in the male alar pouch of the genus Tirumala serve to make females recognize their mates and there is a possibility that the chemical composition of the pheromone is species specific. In order to evaluate this possibility, the microstructure of PTPs for seven species of Tirumala was compared using a scanning electron microscope. PTPs of T. gautama, choaspes, ishmoides, septentrionis and hamata are, though slightly different in shape, almost rounded. On the other hand, those of T. limniace and T. petiverana are characteristically polyhydric in shape and a little smaller in size. There is a possibility that the characteristic microstructure of PTPs in individual Tirumala species reflects the clear sexual isolation.

収録刊行物

  • 蝶と蛾

    蝶と蛾 58(2), 177-182, 2007

    日本鱗翅学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007034331
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00147618
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0024-0974
  • NDL 記事登録ID
    8791092
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-73
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ