幼虫がサカキに潜る日本産Antispila属の1新種(鱗翅目,ツヤコガ科) A new species of the genus Antispila Hubner (Lepidoptera, Heliozelidae), feeding on Cleyera japonica (Theaceae) from Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ツヤコガ科の幼虫はほとんどが潜葉性で,終齢の前に葉の上下の表皮を切り取ってケースを作る.また,ブドウ類に潜るブドウキンモンツヤコガAntispila uenoi Kurokoのように栽培作物の害虫も含んでいる.寄主植物としてはこれまでブドウ科,ミズキ科,ブナ科など13科の植物が知られていたが,ツヤコガ科の寄生植物として知られていなかったツバキ科のサカキに潜る未知種が皇居等で発見されたので新種として記載した.Antispila cleyerella Lee, sp. nov.サカキツヤコガ(新種) 本種は東京都(皇居),愛知県(六所山),三重県(伊賀神戸)などで確認された.本種の幼虫は平地では3月中句心山地では4月中旬にサカキの葉に斑状潜孔を形成し,飼育下で同年4月下句から5月上旬に成虫が羽化した.著者らは数年間に170個体の幼虫を採集・飼育したが,羽化したのはすべて雌であった.このことから,本種は単為生殖をしている可能性がある.

Antispila cleyerella sp. nov. is described from Japan and a brief biological note is given. Larvae mining into leaves of Cleyera japonica (Theaceae) were collected in the gardens of the Imperial Palace, Tokyo, and in the precincts of Shinto shrines, in Aichi and Mie Prefectures. The family Theaceae has not been known as a host-plant of the Heliozelidae. Larval mines appeared in late March and adults emerged from late April to early May. Despite large numbers of reared larvae, emerged adults were all females. This species seems to be parthenogenetic.

収録刊行物

  • 蝶と蛾

    蝶と蛾 57(1), 7-12, 2006

    日本鱗翅学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007034358
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00147618
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0024-0974
  • NDL 記事登録ID
    7794598
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-73
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ