『真夜中の子供たち』序論 : インド発マジック・リアリズム About Midnight's Children : Magic Realism from India

この論文をさがす

著者

抄録

サルマン・ルシュデイの『真夜中の子供たち』は難解な作品である。その理由と、いわゆるマジック・リアリズムと呼ばれるものとは、じつに深い関係を持っている。本稿においては、『真夜中の子供たち』におけるマジック・リアリズムの有り様を詳しく探り、それとともに、この難解なルシュデイの作品を少しでも読みやすいものへと解きほぐすことによって、より本格的な作品論へと議論全般を開くことを目標とする。

収録刊行物

  • 神戸薬科大学研究論集 : Libra

    神戸薬科大学研究論集 : Libra 8, 23-56, 2007

    神戸薬科大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007042811
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11519213
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13452568
  • NDL 記事登録ID
    9455804
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z71-E352
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ