眼鏡産地の日伊比較分析 A Comparative Study on the Eyewear District of Japan and Italy

この論文をさがす

著者

    • 加藤 明 KATO Akira
    • 静岡県立大学大学院経営情報学研究科 School of Administration and Informatics UNIVERSITY OF SHIZUOKA

抄録

本研究は、世界3天眼鏡産地の日本(福井・鯖江)、イタリア(Belluno)、中国(温州、深川)のうち、日本とイタリアの比較分析を試みたものである。近年、日本唯一の眼鏡産地である福井・鯖江地域が危機的な状況に直面しているのとは対照的に、イタリアのBelluno地域は世界の眼鏡産業をリードする好調ぶりを見せている。本研究の主なねらいは、この両地域の明暗を分けた要因を明らかにし、地場産業の盛衰プロセスに関する理論的・実践的なインプリケーションを探ることである。

This study investigated the eyewear district of Japan(Sabae) and Italy(Belluno). The primary purpose of this comparative study is to understand the reason why Sabae district have declining and why Belluno district have become a center in global eyewear market. Based on empirical research, we will discuss the difference performance about globalization of the markets, competition, retail networks between Sabae and Belluno.

収録刊行物

  • 経営と情報 : 静岡県立大学・経営情報学部/学報

    経営と情報 : 静岡県立大学・経営情報学部/学報 20(2), 1-19, 2008-03

    静岡県立大学

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007044660
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10118525
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09188215
  • NDL 記事登録ID
    9442535
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-3446
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ