音楽・音声の音響信号の認識・理解研究の動向(<特集>インタラクティブシステムとソフトウェア) A Survey on Research for Recognizing and Understanding Audio Signals of Music and Speech

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本解説論文では,近年目覚ましく研究が進展した音楽の音響信号の認識・理解と,長年の研究により性能が向上した音声の音響信号の認識・理解について,その研究の現状を紹介する.インタフェースやインタラクションに関連した学会においても,音楽・音声に関わる研究成果が数多く発表されているが,音楽・音声の分野外の人達にとって適切な文献を知ることは容易でなく,それらの認識・理解技術に関する最新の状況を知ることは難しかった.インタフェースを発想する上では,詳細な実現方法より前に,どのようなことが可能になっているのかを知ることが重要である.そこで本論文では,さまざまな研究事例を紹介すると共に,研究で活用できるツールや関連学会等の情報も紹介する.In this survey paper, we introduce recent studies on technologies for recognizing and understanding audio signals of music and speech. Music-related studies have progressed significantly in recent years and speech-related studies have improved their performances over the years. Although a lot of research results related to music and speech have been presented at academic societies for interface and interaction, it was not easy for researchers outside of music and speech fields to find appropriate references and know state-of-the-art technologies for recognizing and understanding those signals. To conceive the idea for interfaces, it is important to know what is possible before knowing how to implement. This paper therefore focuses on giving an overview of various studies and introduces useful research tools and relevant academic societies.

収録刊行物

  • コンピュータソフトウェア = Computer software

    コンピュータソフトウェア = Computer software 26(1), 4-24, 2009-01-27

    日本ソフトウェア科学会

参考文献:  220件中 1-100件 を表示

  • 1 / 3
  • 1 / 3

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007046261
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10075819
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    02896540
  • NDL 記事登録ID
    9802517
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-1033
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ