悪党の美学 : 日本文化史にみる男の生き方(2) Bad Men are Smart : Manly Lifestyle in Japanese History

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

時代の転換期には新しい型の人間が登場し、新しい型の人間が時代を創造してゆく。平安時代末期には野性味ある「武者」(むさ)が世をきり拓いたし、十四世紀には農業経済の先進地帯を中心に、上はバサラ大名から下は野伏山伏や強盗まで、「悪党」が社会の各階層に輩出して世の中を混乱に陥れ、時代を大きく動かした。時代が悪党をくすぶり出し、悪党が時代を活気づけた。彼らは御恩と奉公という絶対服従倫理の枠内に居ながら、それを嘲笑し蹂躙(じゅうりん)して新奇な価値観や異装の美学を創り出した。頼りとするもののない時代における自侍のライフスタイル、男の生きざまであった。時代を直視し、時代に向かって、自らの力をぶちまけて生きる男である。本稿では、時代と格闘して生きる悪党の生態を見つめ、世直しを期待されるまでに人気をかちえた彼らの歴史上の意味を検証する。悪党といわれるこんなやくざな連中が、私たちの歴史を鮮やかに彩ってくれるのである。

収録刊行物

  • 日本大学芸術学部紀要

    日本大学芸術学部紀要 43, A117-A131, 2006

    日本大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007055779
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00194345
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    03855910
  • NDL 記事登録ID
    8003113
  • NDL 雑誌分類
    ZK1(芸術)
  • NDL 請求記号
    Z11-497
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ