列車内の座席選択におけるスタンションポールの効果  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 粟津 俊二
    • 実践女子大学人間社会学部 THE FACULTY OF HUMANITIES AND SOCIAL SCIENCES OF JISSEN WOMEN'S UNIVERSITY
    • 阿野 奈津美
    • 実践女子大学人間社会学部 THE FACULTY OF HUMANITIES AND SOCIAL SCIENCES OF JISSEN WOMEN'S UNIVERSITY
    • 斎藤 友香
    • 実践女子大学人間社会学部 THE FACULTY OF HUMANITIES AND SOCIAL SCIENCES OF JISSEN WOMEN'S UNIVERSITY

Abstract

都市圏の通勤電車の7人掛けロングシートに設置されているスタンションポールが、座席選択に与える影響について検討した。20代の男女63名に質問紙を配布して調査したところ、スタンションポール横の座席が選択されやすいこと、また性差があり女性の方がスタンションポール横の座席を選択しやすいことが示された。スタンションポールは空間を十分に分節するものではないため、主観的な空間分節が座席配置に影響すると考えられる。今後、知覚心理学やリーダーシップとの関連を考慮した研究を展開する必要があろう。

Journal

  • The Faculty of Humanities and social sciences of Jissen Women's University annual reports of studies

    The Faculty of Humanities and social sciences of Jissen Women's University annual reports of studies 4, 111-119, 2007

    Jissen Women's University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007056428
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12048098
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1880-0009
  • NDL Article ID
    9599046
  • NDL Call No.
    Z71-N981
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top