愛知県および兵庫県で捕獲された外来齧歯類ヌートリアMyocastor coypusにおける寄生蠕虫類調査(続報) Further helminthological survey on alien rodents, coypu (Myocastor coypus:Myocastoridae) in Aichi and Hyogo Prefectures, Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ヌートリアMyocastor coypusはヒトと家畜の共通寄生虫症の原因虫の媒介者として、海外では注目され、わが国では岐阜などで捕獲された個体からヌートリア糞線虫Strongyloides myopotamiおよび肝蛭Faciola sp.が検出されている。しかし前報で肝蛭が見つかった個体は、1986年2月から翌年9月にかけ捕獲されたものであり再調査が希求されていた。そこで、2000年11月から2002年6月にかけ、愛知県および兵庫県で有害捕獲されたヌートリア計80個体について内部寄生虫の調査をした。その結果、ヌートリア糞線虫がほぼ全個体(99%)に寄生が認められた。また、当該宿主で約84%の線虫が小腸前部前半1/5部から得られた。このような寄生部位の偏りは、この部を集中的に検査するとより効率的な保有状況の把握も指摘された。しかし、今回のいずれの個体からも肝蛭は見つからなかった。家畜とヌートリアにおける肝蛭の消長と何らかの関連性が今後の検討課題とされた。

収録刊行物

  • 酪農学園大学紀要. 自然科学編

    酪農学園大学紀要. 自然科学編 33(2), 291-292, 2009-04

    酪農学園大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007076421
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00247860
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    0388001X
  • データ提供元
    NII-ELS  IR 
ページトップへ