日本におけるヌマエラビルの地理的分布 Geographical distribution of Ozobranchus jantseanus (Annelida: Hirudinida: Ozobranchidae) in Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ヌマエラビルは日本と中国に分布し,淡水性のカメ類を宿主とする蛭である.本種の日本国内における記録は乏しく,その分布域はよくわかっていなかった.そこで,本州,四国,九州においてヌマエラビルの分布状況を調査した.その結果,本種が本州(石川県以南)と四国(北部)に分布することを確認した.本種の宿主はクサガメとイシガメであった.大部分のヌマエラビルは宿主の背甲と腹甲の間の柔らかい皮膚に付着していたが,眼窩と背甲に付着していた個体も確認された.宿主の背甲上には,しばしば,本種の卵塊が付着していた.

The geographical distribution of the ozobranchid leech Ozobranchus jantseanus, a parasite of freshwater turtles, was investigated via field surveys in Honshu, Shikoku, and Kyushu, Japan. As a result, new distributional records were found in Honshu (south of Ishikawa Pref.) and northern Shikoku. The host species of O. jantseanus were the Reeve's pond turtle Chinemys reevesii and the Japanese pond turtle Mauremys japonica. Most of the leeches were found in the folds of soft tissue between the carapace and the plastron of the turtles. Some of them were found in the orbital cavity or on the carapace. Moreover, clumps of their eggs were often observed attached to the carapace.

収録刊行物

  • 衛生動物

    衛生動物 59(4), 345-349, 2008

    日本衛生動物学会

参考文献:  19件中 1-19件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007081440
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00021948
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    0424-7086
  • NDL 記事登録ID
    10161812
  • NDL 雑誌分類
    ZS17(科学技術--医学--衛生学・公衆衛生)
  • NDL 請求記号
    Z19-47
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ