コミュニケーションを円滑に進めるための表情変化検出方式の検討 A study of expression change detection method for smooth communication

この論文をさがす

著者

抄録

人とロボットの円滑なコミュニケーションの実現において,顔の表情は重要な役割を果しており,表情認識はコミュニケーションの状態理解において極めて重要である.本研究では,横顔や後顔も含めた微妙な表情変化を認識することを目標として,第1段階として,検討例がほとんどない横顔の表情認識を扱う.具体的には,Active Appearance Model (AAM)を用いて顔の時系列画像に対して顔モデルの追跡を行い,顔モデルを構成する特徴点から,FACSモデルに対応したAU (Action Unit)特徴を算出し,AU特徴の時系列データの変動パターンを詳細に分析することにより,微妙な表情の変化に着目した認識方式について検討を行った.

In order to realize the smooth communication between human and robots, it is important to recognize facial expression. The aim of this study is to recognize a subtle expression change reliably in the variation of face directions. As the first stage, we treat with recognizing profile images or back profile images that haven't been studied sufficiently. In the proposed method, the facial feature points of time-series images are tracked using Active Appearance Model (AAM) and the Action Unit (AU) features of FACS model are calculated. Then we investigated the recognition methods based on a subtle expression change by analyzing the variation of feature patterns,

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解

    電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解 108(198), 159-162, 2008-08-29

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007087113
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10541106
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    9673219
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ