北海道におけるトリガイの緯度分布と地質記録 Geographic distribution and geological records of the bivalve Fulvia mutica (Reeve) (Bivalvia: Cardiidae) in Hokkaido, Japan

この論文をさがす

著者

抄録

トリガイFulvia muticaは,ザルガイ科に属する大型の二枚貝類である。九州・朝鮮半島・中国沿岸から陸奥湾に分布し,水深10-30mの砂泥底に生息するとされている(波部,1977;松隈,2000)。また,トリガイの軟体部は美味であるため,各地で食材としても利用されている。トリガイは,主に暖水域に分布しており,その北限は日本海側では陸奥湾付近,太平洋側では東京湾付近とされている(肥後・後藤,1993;松隈,2000)。しかし,北海道においても西南部でまれに記録されており(石川,1953;伊藤,1961;波部・伊藤,1965),2005年12月には函館湾で大量漂着が認められた(山崎・他,2007)。今回,2006年10-11月,2007年3月に石狩湾沿岸で多数の打ち上げられたトリガイを確認した。これは最北の記録になるため,石狩湾からのトリガイの産出を報告する。また,北海道の第四系から産出するトリガイ化石の再検討を行い,その古環境学的意義を考察した。

The Japanese cockle Fulvia mutica (Reeve) lives around Japan and is often found in Quaternary marine deposits. Many adult individuals of F. mutica were collected on the coast of Ishikari Bay, the Japan Sea side of central Hokkaido. F. mutica were washed ashore with shell fragments and driftwood due to severe storms. The occurrence of F. mutica in Ishikari Bay is probably due to the northward transportation of veliger larvae by warm surface sea water in the northern Japan Sea and subsequent growth. Consequently, the northern limit of F. mutica extends to about 43° N latitude along the Japan Sea side. F. mutica is recorded from the Late Pliocene onward in southwestern Japan, and the occurrence from the upper part of the Setana Formation (ca. 0.95-0.85 Ma) is the oldest record in Hokkaido. It has hitherto not been recorded from the Holocene marine sediments in Hokkaido.

収録刊行物

  • ちりぼたん

    ちりぼたん 38(3), 116-121, 2007-11-08

    日本貝類学会

参考文献:  28件中 1-28件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007089250
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00354929
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    05779316
  • NDL 記事登録ID
    9264492
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-1107
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ