B-1. スリランカにおけるスマトラ沖津波被災後の住宅再建状況(B.被災者の自立と社会的支援,第1セッション,一般論文発表)  [in Japanese] B-1. Housing Reconstruction Status in Sri Lanka after 2004 Sumatra Tsunami  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 仲里 英晃 NAKAZATO Hideaki
    • 筑波大学大学院システム情報工学研究科修士課程 Graduate School of Systems and Information Engineering, University of Tsukuba
    • 村尾 修 MURAO Osamu
    • 筑波大学大学院システム情報工学研究科 Faculty of Systems and Information Engineering, University of Tsukuba

Abstract

2004年12月のスマトラ沖津波は,スリランカにおいて前代未聞の大被害をもたらした。被災地では復興に向けて住宅の再建事業が進められているが,事業の特色として沿岸地域の被災者の内陸部への大規模移転を伴うものであることが挙げられる。しかしながら,地域によっては事業の進行に大きな差が見られるほか,事業そのものに対する被災者の不満の声も挙がっている。本稿では被災地における住宅再建事業の大きな流れを整理・記録するとともに,復興を進めるうえでの課題について考察することを目的とする。

The Sumatora Tsunami across the Indian Ocean on 26th of December 2004 damaged to more than eighty thousand houses in Sri Lanka. After the tsunami, the Government provided three types of houses for the victims (temporary shelters, transitional houses, and permanent houses) according to reconstructional stage. The authors conducted field survey and interviews in the damaged area in November 2005 when the permanent houses were under construction. This paper demonstrates the reconstruction status, regional differences, and problems with regards to reconstruction process in Sri Lanka.

Journal

  • 地域安全学会梗概集

    地域安全学会梗概集 (18), 9-12, 2006

    地域安全学会事務局

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007090686
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12381938
  • Text Lang
    JPN
  • Data Source
    NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top