F-1. 愛媛県愛南町における住民による津波防災地図作成ワークショップ(F.一般セッション,第3セッション,一般論文発表) F-1. Workshop on tsunami hazard mapping by residents in Ainan Town, Ehime Prefecture

この論文をさがす

著者

抄録

愛媛地震防災技術研究会(代表:森伸一郎,会員数50名,平成14年9月設立)では,来るべき南海地震を想定した住民の防災意識の向上を図る目的で,津波に着目した住民参加型ワークショップを実施した。本報告では,愛南町久良地区における津波防災地図作成ワークショップの事例を紹介し,その成果や地区住民の感想,今後の課題等を報告する。

Technical Panel for Ehime Earthquake Preparedness Initiative (Chairman: Shinichiro Mori; Founded in September, 2002: Number of members: 50) held a workshop on tsunami hazard mapping together with residents in Hisayoshi District of Ainan Town that is facing Pacific Ocean in order to raise public awareness of preparedness for disaster due to Nankai earthquake expected to occur in near future. This paper reports the outline of the workshop as a case study, shows the achievements in the workshop, illustrates the response of the participants, and points out issues remained.

収録刊行物

  • 地域安全学会梗概集

    地域安全学会梗概集 (18), 57-60, 2006

    地域安全学会事務局

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007091184
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12381938
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    NII-ELS  NDL-Digital 
ページトップへ