日本人における睡眠時無呼吸症候群(SAS)患者の肥満と重症度の関連性について  [in Japanese] The association between obesity and disease severity in the Japanese sleep apnea syndrome (SAS) patient  [in Japanese]

Access this Article

Abstract

睡眠時無呼吸症候群は肥満を伴うことはよく知られている。治療の第一選択肢は経鼻的持続気道陽圧療法であるが対症療法である。したがって、長年使用する必要がある。多くの日本の睡眠時無呼吸症候群患者は重症度が同程度にもかかわらず白色人種の睡眠時無呼吸症候群患者ほどの肥満ではない。それは、日本人では肥満に加えて顔面軸角(FX : facial axis)が睡眠時無呼吸症候群に影響されやすいための因子である可能性がある。すなわち、日本人の側頭蓋計測においては白色人種に比べて顔面軸角が狭いことが要因と考えられる。

Journal

  • 千里金蘭大学紀要

    千里金蘭大学紀要, 1-14, 2008

    千里金蘭大学

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007094477
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12002610
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1349-6859
  • NDL Article ID
    10218142
  • NDL Call No.
    Z71-M996
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top