データベースアウトソーシングにおける社会的情報漏洩防止 Securing Social Information in Outsourced Databases

この論文をさがす

著者

抄録

近年,管理すべきデータ量の増加に伴いデータベースのアウトソーシングサービスが普及しつつある.データがサービスプロバイダ側で管理されるこのサービスでは,今まで以上にセキュリティが重要な問題となっている.サービスプロバイダによるデータ閲覧を防止するために,サーバへ保存するデータをクライアント上で予め暗号化しておくことは,こうしたセキュリティ問題を解決する一つの手段であり多くの研究が行われている.しかし,データの暗号化だけでは十分なセキュリティが確保できるとは言い難い.問合せやその結果を解析することで,ユーザ間の関係やコミュニティにおける重要度などの社会的情報をサービスプロバイダは得ることができる.本論文では,こうした問合せ解析によるユーザの社会的情報の漏洩を防ぐために,問合せやその結果に対する匿名性を確保するための技術について論じる.

Nowadays, outsourced databases services are in widespread use. In these services, security is more important than ever to, because user data are stored and managed by service providers. To prevent the service providers from inspection of user data, many techniques are introduced such as encryption data at the client and how to execute queries over encrypted data etc. However, only data encryption does not provide enough security. Query and the result analysis enable service providers to find social information such as relations between users, community and roles of them. In this paper, we introduce anonymity for the query and the result to secure our social information.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学

    電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学 108(211), 13-14, 2008-09-14

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007100394
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10012921
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS 
ページトップへ