脳梁および近傍領域損傷による高次脳機能障害(<特集>側脳室腫瘍の診断と治療) Neuropsychological Impairment following Callosal and related Lesions(<SPECIAL ISSUE>Tumors of the Lateral Ventricle: Diagnosis and Management)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 大槻 美佳 Otsuki Mika
    • 北海道医療大学心理科学部 School of Psyclological Science, Health Sciences University of Hokkaido

抄録

脳梁損傷は,たとえ部分の損傷でも,損傷部位によってさまざまな症状が出現する.脳梁で,機能的に重要でない部位はないといえるほどである.しかし,多くの脳梁離断症状は,日常生活に大きな影響を与えることなしに,数週間で改善する.ただし,中には患者の日常生活に多大な影響を与える症状もある.例えば,行為障害や発話に関する障害である.これらに対しては,その障害の評価と適切なアプローチが必要である.本レビューでは,脳梁損傷によって出現する症状を概説し,その脳梁内の解剖学的な関連部位の最新の知見を提供する.

Even a partial callosal disconnection can often cause various syndromes depending on the lesion site, as no callosal region remains completely free from function. Although most of these callosal symptoms fortunately will not affect the patients' everyday life or will disappear in a few weeks, some symptoms can and will seriously effect the patients. In particular, praxis and speech impairments may have a very much unfavorable effect on their everyday lives. This review will present the findings on the callosal disconnection syndrome and a related topography update.

収録刊行物

  • 脳神経外科ジャーナル

    脳神経外科ジャーナル 18(3), 179-186, 2009

    日本脳神経外科コングレス

参考文献:  37件中 1-37件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007114565
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10380506
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0917-950X
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ