SLP音声ドキュメント処理ワーキンググループ活動報告 Progress Report of SLP Spoken Document Processing Working Group

この論文をさがす

著者

抄録

「音声ドキュメント処理ワーキンググループ」は、情報処理学会音声言語情報処理研究会の下、音声ドキュメント処理研究の促進のため、平成18年4月から3年間の活動を行ってきた。本稿では、ワーキンググループでのこれまでの活動、今後の計画、および関連研究を報告する。

The Spoken Document Processing Working Group, which was organized in special interest group of spoken language processing, IPSJ (Information Processing Society of Japan), has been working for three years from April 2006, to promote the research activities about "spoken document processing." This paper describes our activities so far and in future.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声

    電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声 108(338), 115-120, 2008-12-02

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007123307
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    9763704
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ