「知の集積と共有」の変革期に"じんもんこん"がなし得ること  [in Japanese] Possibility of "SIG Computers and the Humanities" in Change period of "common and accumulate knowledge"  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

小特集「「知の集積と共有」の変革期に"じんもんこん"がなし得ること」を企画した。本小特集では、今までに「人文科学とコンピュータ研究会」が築いてきた研究の蓄積の再確認と、研究環境の変化などについての検討を行うことを目的とする。「人文科学とコンピュータ」と呼ばれる研究領域が明確なものとなって、20年経過した。その間に、インターネットの普及、爆発的なコンピュータ技術の進歩とともに、この研究会は歩いてきた。同時に、人文科学の研究状況も、社会の変容とともに大きく変遷しつつある。そこで、研究会を「歴史」として振り返ることになり、人文科学の変容を身に激しく受けながら進まざるを得ない世代の研究者として、いくつかの議論提起を試みてみたい。世代を超えた議論の先に、新たな地平を見出すことを期待する。

We planned a small special feature. We reaffirm the accumulation of the study that "SIG Computers and the Humanities" built so far. And we perform the examination about changes of the study environment. We are aimed for these both examination.

Journal

  • IPSJ SIG Notes

    IPSJ SIG Notes 81, 47-54, 2009-01-16

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

References:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007123521
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1010060X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    09196072
  • NDL Article ID
    9791950
  • NDL Source Classification
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL Call No.
    Z14-1121
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top