「ストリングラフィ」の音響解析  [in Japanese] Sound analysis of a musical instrument, "Stringraphy"  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

「ストリングラフィ」は絹糸と紙コップを用いて作られ、糸電話に類似した構造を持つ楽器である。ストリングラフィの構造は既存の楽器とはかなり異なる特徴を有しており、楽器研究に有益な知見を得られることが期待される。本研究ではストリングラフィの楽音をスペクトル分析し、全ての音について基音よりも1000[Hz]付近の倍音の方がパワーが強いという結果を得た。ユニゾンの音を複数パート演奏する際に「演奏していない音」が聞こえるという現象を確認し、この現象は倍音成分が重なることによって倍音成分のピーク位置に音があるように知覚されているため、との結論を得た。

"Stringraphy" is a musical instrument that made from silk string and paper cup, and its constitution is similar to string telephone. We have analyzed frequency characteristic of it. When rearranging the experimental results, the intensity of the highest overtone of "Stringraphy" exists in the vicinity of 1000[Hz]. When several performers play sound on "Stringraphy" in unison, we can hear tone which is not actually played. The following became clear after the investigation on that, causality of the phenomenon is intensification of overtone.

Journal

  • IPSJ SIG Notes

    IPSJ SIG Notes 78, 17-22, 2008-12-12

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

References:  4

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007123611
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10438388
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09196072
  • NDL Article ID
    9757696
  • NDL Source Classification
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL Call No.
    Z14-1121
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top