米作の配分効率性と過剰投資  [in Japanese] Estimation of overinvestment factors in the allocative efficiency analysis in Japanese rice production  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

土地市場に制約があるため兼業化が進展した日本の米作では、兼業と米作の適期作業を両立するため、農業機械などの資本財が過剰投資されていると言われている。その一方で、生産関数分析の主流が費用関数や利潤関数を用いた双対分析に移行したこんにち、過剰投資に見られるような、生産要素の配分効率を問題にした実証分析は手薄である。費用関数や利潤関数の多くが、例えば農業機械は最適に投入されていることを仮定して計測されているからである。本稿の課題は、米作の生産要素である農業機械と経常財について、配分効率を検討することである。

Journal

  • Agricultural economic papers of Kobe University

    Agricultural economic papers of Kobe University (40), 17-21, 2008-03

    Kobe University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007129967
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN0008623X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    02860473
  • NDL Article ID
    9750109
  • NDL Source Classification
    ZR8(科学技術--農林水産--農産--農業経済学)
  • NDL Call No.
    Z18-970
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR  JASI 
Page Top