農工間賃金格差と農地貸借--効率賃金の視点から  [in Japanese] Effects of wage differentials between agriculture and the other industries on the volume of land lease contracts  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

1970年代の中盤以降、わが国における農地の権利移動は、高度経済成長期の地価高騰を背景に、売買形態から貸借形態へと変化してきた。2005年の権利移動面積のうち、約8割が貸借によるものである。このような背景のもとで、貸借による農地の権利移動は、大規模農家の剰余が小規模農家の米作所得を上回る程の生産性格差が生まれることで進行するであろうと考えられてきた。労働市場の制約が農地貸借に与える影響を考察することが本研究の課題である。以下の構成は次の通りである。第2節では、Sonoda and Maruyamaと同様に、効率賃金仮説の枠組みを組み込んだハウスホールドモデルを用いて農家行動を捉え、農工間に生じている賃金格差が農家の農地貸借行動に与える影響を理論的に整理するとともに、分析の枠組みを提示する。第3節では計測モデルを提示するとともに実証分析をおこない、最後に第4節で結論を述べる。

Journal

  • Agricultural economic papers of Kobe University

    Agricultural economic papers of Kobe University (40), 41-46, 2008-03

    Kobe University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007129971
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN0008623X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    02860473
  • NDL Article ID
    9750132
  • NDL Source Classification
    ZR8(科学技術--農林水産--農産--農業経済学)
  • NDL Call No.
    Z18-970
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR  JASI 
Page Top