多言語間チャットによる対象指示コミュニケーションの分析  [in Japanese] Analyzing Referential Communication using Multilingual Chat  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

近年,機械翻訳を用いてコミュニケーションを図るコミュニティが増えてきている.しかし,多言語間で機械翻訳を利用しようとした時,その意思疎通は困難となる.そこで,我々は機械翻訳を用いた多言語間コミュニケーションで共通基盤が問題なく形成されるのかについて検証した.日本語,韓国語,中国語をそれぞれ母国語とする話者を対象に,機械翻訳を介した母国語および共通言語(英語)を用いた対象指示コミュニケーション実験を行った.この実験より参照語に着目し,対話ログを分析したところ,以下の現象が見られた.1)照合者である2名が同一の発話で図形を同定できる割合は,共通言語に比べ少ない.2)共通言語では,一旦最短プロセスで図形を同定すると,後で再び同じ人が図形を説明する際に,同様の参照表現を利用するが,機械翻訳を用いた場合は,利用する割合が少ない.これらの現象が起こっている要因としては,機械翻訳を用いることにより他者間での対話内容を理解することが阻害される可能性があるため,相互理解の基盤の形成が困難になっていることがあげられる.

Multilingual communities using machine translation to overcome language barriers are showing up more and more frequently. However when people communicate in their native languages using machine translation, they face various problems in constructing common ground. In this study, we focus on common ground on tripartite communication. Then, tripartite from three different language communities- Chinese, Korea, and Japan- worked on referential tasks in their shared second language (English) and in their native language using a machine translation embedded chat system. As a result, shared basis was disrupted in machine translation-mediated communication because of intransitivity. To support natural communication, we need to resolve intransitivity in addition to this asymmetries and inconsistencies, caused by machine translation.

Journal

  • IEICE technical report

    IEICE technical report 108(441), 49-54, 2009-02-20

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  11

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007131734
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10013061
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL Article ID
    10175947
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top