東南アジアのAlcis pammicra,A. maculata(シャクガ科,エダシャク亜科)とそれぞれの近縁種に関する知見と3新種の記載 Notes on Alcis pammicra (Prout), A. maculata (Moore) (Geometridae, Ennominae) and their allies from Southeast Asia, with descriptions of three new species

Access this Article

Search this Article

Abstract

Alcis属は日本を含む旧北区から東洋区に分布する大属であり,東南アジアに限っても多くの種が知られている.しかし,他属に移すべき種の問題や,種レベルの分類の混乱もあり,今後広範な再検討が必要な属である.本報では,A.pammicra(Prout)とA.maculata(Moore)とそれぞれに近縁の種群について分類学的な再検討をおこなった.得られた主要な知見は次の通りである.Alcis pammicra-complex マレー半島からボルネオ,スマトラにかけてpammicraに外観の類似した種が分布しており,同定に混乱が見られたが,1種はフィリピン(ルソン)から記載されたeupithecioides(West)であり,もう1種は新種であることがわかりmanfredi Sato(スマトラ,ジャワ)と命名記載した.そのほか,A.polysticta(Hampson)(新結合),A.aagostigma(Prout)(ベトナムから初記録)を取り上げた.Alcis maculata-complex 黄色と黒の網目状の斑紋が特徴的な種群である.A.maculata(Moore)は,インドから記載された種であるが,その後negans(ボルネオ),prodictyota(中国),taiwanica(台湾)の3亜種が分離されている.亜種の問題については,地理的変異に加え個体による変異の幅も大きいので,種への昇格の可能性も含め,今後さらに研究が必要である.また,ルソンから記載されたA.nigrolineata(Wileman&South)は,♂交尾器の形態がAlcis属としては異質で,むしろArichanna属との関連を示唆しているように思える.しかし,Arichannaも大きな属で,いくつかの亜属への分割が試みられてはいるが,まだ安定したものではない.この種をすんなりと帰属させられる亜属はない.このような状況から,本報では暫定的にこれまで通りAlcis属に置くことにした.なお,maculataに似るが明らかに小型で雌雄交尾器も異なるmicromaculata Sato(スマトラ)と,A.herbuloti Orhantに近縁だが外観と雄交尾器が異なるbornemaculata Sato(ボルネオ)を新種として記載した.その他,A.nigrifasciata(Warren)(スラウェシから初記録)を取り上げた.

Two species-groups of Alcis from Southeast Asia are revised. The A. pammicra-complex: A. pammicra (Prout), A. eupithecioides (West), A. polysticta (Hampson), comb. nov., A. aagostigma (Prout) and A. manfredi sp. nov. (Sumatra, Java). The A. maculata-complex: A. maculata (Moore), A. micromaculata sp. nov. (Sumatra), A. herbuloti Orhant, A. bornemaculata sp. nov. (Borneo), A. nigrifasciata (Warren) and A. nigrolineata (Wileman & South). The last species is tentatively placed in Alcis, because the male genitalia are atypical for Alcis.

Journal

  • Lepidoptera Science

    Lepidoptera Science 56(1), 19-30, 2005

    THE LEPIDOPTEROLOGICAL SOCIETY OF JAPAN

References:  20

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007138335
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00147618
  • Text Lang
    ENG
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    0024-0974
  • NDL Article ID
    7207494
  • NDL Source Classification
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL Call No.
    Z18-73
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top