カラコギカエデシロハモグリ(新称)(ハモグリガ科)の日本からの記録 A new record of Leucoptera ermolaevi Seksjaeva (Lepidoptera, Lyonetiidae) from Japan

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

カラコギカエデシロハモグリLeucoptera ermolaeviはSeksjaeva(1990)によってロシア沿海州から記載されたが,長野県のいくつかの地点でも採集されたので報告する.成虫は開張約5mm.同じカエデ科を寄主とするヨーロッパ産のL.aceris(Fuchs,1903)にもっとも近縁であると思われるが,L.acerisは本種より前翅の1番目と2番目のcostal streakの間隔が広く,下方に行くほど狭くなり間の黄色斑が三角形になるが,本種では四角となる.また,前翅肛角にある鉛色を帯びた金属紋はL.acerisでは四角となるが,本種では三角形あるいは楕円形となる.本種の♂交尾器では,バルバが三角形となるが,L.acerisでは全体に四角形で背面先端が鉤状に伸長していること,また,L.acerisのpedunculusは細く湾曲することなどで識別できる.幼虫は,カラコギカエデの葉に不規則な斑状潜孔を作り,潜孔の中央に糞を残す.本種の幼虫は長野県の松本市,菅平,開田高原などで5月上中旬,7月中旬-8月上旬に採集されており,年に2回以上発生すると思われる.

Leucoptera ermolaevi Seksjaeva, 1990 feeding on Acer ginnala (Aceraceae) is newly recorded from Nagano, Japan. The male genitalia are redescribed based on Mey (1994). The female genitalia are illustrated and described for the first time.

Journal

  • Lepidoptera Science

    Lepidoptera Science 56(2), 117-121, 2005

    THE LEPIDOPTEROLOGICAL SOCIETY OF JAPAN

References:  5

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007138347
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00147618
  • Text Lang
    ENG
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    0024-0974
  • NDL Article ID
    7309871
  • NDL Source Classification
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL Call No.
    Z18-73
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top