大学生の「読書」概念に関する予備的検討  [in Japanese] A pilot study of the concept of "reading" among Japanese university students  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

学生の「読書離れ」という問題は以前から指摘されているが、そもそも読書を行う学生にとって「読書」とはどのようなものを読むのかにっいて調査したものは少ない。本研究は、大学生を対象にどういったものを「読書」の対象ととらえているのか、大学生の「読書概念」を明らかにすることを目的とした。大学生54名を対象に、様々な文字を使ったメディア・ジャンルをとりあげ、それぞれの対象について「読む」・「読書」という言葉がどれくらい適切かを判断させるアンケートを行った。結果を集計すると、文字を使っていても時刻表やインターネットサイトなど「読む」にも「読書」にも入らないジャンルの他に、漫画・コミックや雑誌のように「読む」には適切だが、「読書」とはいわないジャンルの存在が確認された。「読書」の適切度は小説がもっとも高かった。漫画やインターネットなど様々なジャンルに接しているであろう大学生だが、その中で小説が「読書」という概念にもっともあてはまるジャンル、対象であることが明らかになった。

Journal

  • Bulletin of educational research of Setsunan University

    Bulletin of educational research of Setsunan University (5), 33-44, 2009-01

    Setsunan University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007139005
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12123273
  • Text Lang
    JPN
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13498118
  • NDL Article ID
    10190563
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z71-N110
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top