南硫黄島の鳥類相(<特集>南硫黄2007) Avifauna of Minami-Iwo-To Island, Volcano Islands, the Bonin Islands(<Special feature>Minami-Iwo 2007)

この論文をさがす

著者

抄録

南硫黄島の鳥類相の現状を明らかにするため、2007年6月17日〜27日の期間に現地で調査を行った。海鳥としては、海岸部でオナガミズナギドリ、アナドリ、アカオネッタイチョウ、カツオドリが、標高400m以上の山上ではシロハラミズナギドリ、クロウミツバメの繁殖が確認された。この他、巣は確認されなかったが、標高800m以上でセグロミズナギドリが繁殖しているものと考えられた。シロハラミズナギドリは、1982年の調査では山頂周辺では確認されていなかったが、今回は多数が確認されたことから、島内分布が変化している可能性がある。陸鳥としては、カラスバト、ヒヨドリ、イソヒヨドリ、ウグイス、メジロ、カワラヒワの生息が確認された。シロハラミズナギドリ、セグロミズナギドリ、クロウミツバメ、カワラヒワの分布は小笠原諸島内でも限定的であり、人為的攪乱が最小限に抑えられた南硫黄島の繁殖地の存続は、これらの種の保全上極めて重要である。しかし、南硫黄島の環境は安定的でなく、自然災害や病気の流行などにより、南硫黄島の繁殖集団が縮小する可能性は否定できない。このことから、今後これらの鳥類の個体群推移についてモニタリングを続ける必要がある。

The avian fauna of Minami-Iwo-To Island was surveyed during 17-27 June 2007. The Wedge-tailed Shearwater Puffinus pacificus, Bulwer's Petrel Bulweria bulwerii, the Red-tailed Tropicbird Phaethon rubricauda, and the Brown Booby Sula leucogaster were found breeding in coastal areas. Audubon's Shearwater Puffinus Iherminieri was estimated breeding around mountaintop areas. The Bonin Petrel Pterodroma hypoleuca and Matsudaira's Storm-Petrel Oceanodroma matsudairae bred in mountain areas up to approximately 400 m elevation. The Bonin Petrel was frequently observed around mountaintops, where it had not been recorded in 1982. It is thus possible the breeding range of this species has changed during the last 25 years. The Japanese Wood-Pigeon Columbajanthina, the Brown-eared Bulbul Hypsipetes amaurotis, the Blue Rockthrush Monticola solitarius, the Japanese Bush Warbler Cettia diphone, and the Oriental Greenfinch Carduelis sinica were considered residents. As the breeding distributions of the Bonin Petrel, Audubon's Petrel, Matsudaira's Storm-Petrel, and the Oriental Greenfinch in the Bonin Islands are restricted to a few islands, conserving their habitat on Minami-Iwo-To Island without human disturbances is important. However, there is a possibility that natural disasters or diseases will impact the populations on this island. It is therefore necessary to monitor the population trends of these species.

収録刊行物

  • 小笠原研究

    小笠原研究 33, 111-127, 2008-03

    首都大学東京

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007145057
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00032332
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    03868176
  • NDL 記事登録ID
    9488762
  • NDL 雑誌分類
    ZR1(科学技術--生物学) // ZM41(科学技術--地球科学)
  • NDL 請求記号
    Z18-1247
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ