南硫黄島のトカゲ類(<特集>南硫黄2007) Lizards in Minami-Iwo-To Island(<Special feature>Minami-Iwo 2007)

この論文をさがす

著者

抄録

1982年調査で記録されたミナミトリシマヤモリPerochiryu ateles及びオガサワラトカゲCryptoblepharus boutonii nigropunctatusの生息を確認した。ミナミトリシマヤモリの生息場所が海岸部樹林であることが発見された。他種の爬虫類および両棲類は確認されなかった。

By the 2007 biological research expedition, Perochiryu ateles and Cryptoblepharus boutonii nigropunctatus were confirmed to occur in Minami-Iwo-To Island, the Volcano Islands. It is found that the Perochiryu ateles mainly used a forest habitat near the beach. Other species of reptiles and amphibians were not found.

収録刊行物

  • 小笠原研究

    小笠原研究 33, 129-134, 2008-03

    首都大学東京

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007145058
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00032332
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    03868176
  • NDL 記事登録ID
    9488769
  • NDL 雑誌分類
    ZR1(科学技術--生物学) // ZM41(科学技術--地球科学)
  • NDL 請求記号
    Z18-1247
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ