南硫黄島自然環境調査の概要(<特集>南硫黄2007) Overview of Expedition of Natural Environment on Minami-Iwo-To Island(<Special feature>Minami-Iwo 2007)

この論文をさがす

著者

抄録

2007年6月、東京都環境局と首都大学東京は南硫黄島自然環境調査を実施した。南硫黄島で山頂部を含む上陸調査が行われたのは1982年以来25年ぶり、史上3回目である。その厳しく危険な自然環境故に、調査時の安全確保が最大の課題となったが、現地情報がほとんど無い中での計画立案はほとんど手探りの状態で、準備も困難を極めた。また貴重な手つかずの自然を守るため、調査隊が南硫黄島に外来生物を持ち込まない、そして南硫黄島の生物を持ち出して父島などに放さないための対策にも細心の注意を払った。幸いにして今回の調査では事故もなく、数多くの学術成果を得て帰ってくることができたが、調査隊が経験した困難・危険は、通常の調査では考えられないことばかりであった。よって今後の調査の参考となるように、今回の調査を改めて振り返り、準備段階から調査実施までの過程について、反省点も含めてできる限り詳細に記録した。

Minami-Iwo-To Island is small volcanic island approximately 1300 km off the south of Tokyo (24°13.7N, 141°27.7E) and it has 367 ha in area and 916 m in altitude. Since the island's discovery, it remains nearly uninhabited to this day. The biodiversity of this remote island had been studied infrequently because of the difficulty of access. Based on the only comprehensive survey in 1982, Minami-Iwo-To has been presumed to be pristine for the ecosystem status, because of its isolated and uninhabited status. Tokyo Metropolitan Government and Tokyo Metropolitan University carried out a scientific expedition to reveal the current status of geology and biodiversity of this island during 17-27 June 2007. We struggled to ensure the safety of expedition members, and severe quarantines were imposed to prevent any artificial introduction of organisms between Minami-Iwo-To Island and Chichijima Island in order to protect the island ecosystems.

収録刊行物

  • 小笠原研究

    小笠原研究 33, 1-29, 2008-03

    首都大学東京

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007145063
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00032332
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    03868176
  • NDL 記事登録ID
    9488657
  • NDL 雑誌分類
    ZR1(科学技術--生物学) // ZM41(科学技術--地球科学)
  • NDL 請求記号
    Z18-1247
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ