続・ニューギニアヤリガタリクウズムシについて : 小笠原におけるその後の知見

この論文をさがす

著者

    • 大林 隆司
    • 首都大学東京理工学研究科:小笠原野生生物研究会

抄録

小笠原諸島は2007年1月に世界自然遺産の「暫定一覧表」に記載されることが決定した。そのため、各種の外来生物への早急な対策がますます求められており、ニューギニアヤリガタリクウズムシについても同様である。筆者は2006年に小笠原諸島における本種の状況について述べたが、それ以降の小笠原諸島における本種の知見(対策も含む)を述べた。

収録刊行物

  • 小笠原研究年報

    小笠原研究年報 31, 53-57, 2008-03

    首都大学東京

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007146559
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00289259
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    03879844
  • NDL 記事登録ID
    9491344
  • NDL 請求記号
    Z18-1335
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ